このようなお悩みはありませんか?

  icon-check 歯を白くしたい

  icon-check 銀歯や前歯をきれにしたい

  icon-check 歯ぐきの色や形が気になる

  icon-check 前歯の形やすき間が気になる

  icon-check 健康的な歯並びにしたい

 

口元の自然な美しさに焦点を当てた、総合的な歯科医療の分野が審美歯科です。

人と話している時、前歯の変色、歯並びの悪さ、銀歯があると、ふと口の中についつい目がいってしまうものです。

昨今では、修復素材の品質が飛躍的に向上し、学問的根拠に基づいた正しい治療を行えば、天然の歯と遜色のない、自然で美しい歯に修復することも可能です。

当院の審美⻭科は、単に⾒た⽬をきれいにするだけではなく、さらに精密性、適合性、⽣体親和性、かみ合わせなどを総合的に向上するような治療を⾏っています。

そのため、当院の審美歯科は、保険治療とは異なる⽅法で⾏っています。

当院の審美歯科の強み

仮歯のこだわり

仮歯とは、最終的な歯を入れる前に、見た目の回復や噛み合わせの安定をはかるための「一時的な歯」のことです。

仮⻭は⾒た⽬を⼀時的に維持するだけではなく、どのような色調にするか、汚染からの保護、⻭の移動を防ぐ、噛み合わせの調和を維持する、良好な製作物を作製するために、どのような削り⽅をして、どのような形にして、どのような噛み合わせを作っていくかを予⾒できるなど、多くの情報を提供してくれます。

審美歯科が成功する要因のひとつに、仮歯は大きな役割を果たします。

型取りの方法のこだわり

最終的な歯を入れるためには型を取る必要があります。当院の審美歯科では型を取る前に「歯肉圧排」という処置を行います。

この処置は⻭と⻭⾁の境⽬に専⽤の⽷を⼊れます。理由は、歯と歯肉の境目の型取りを正確、精密に行うためです。

歯肉のラインに正確に合わせたかぶせ物は段差やひっかかりがなく、食塊が自然に流れる自浄作用が働きやすく、ブラッシングもしやすい環境になり、虫歯にもなりにくく、結果、長持ちすることができます。

型取りの材料のこだわり

通常の保険治療では「寒天アルジネート印象材」という材料を使用して型取りをします。これに対して、当院の審美歯科では「シリコン印象材」という特別な型取りの材料を使用しています。

その理由は、「シリコン印象材」は「寒天アルジネート印象材」と比較すると、⼨法の変化が抜群に少なく、お⼝の中の状態を極めて正確に再現することができるからです。

仮にお口の中を状態を80%しか再現できなければ、80%の製作物しかできず、その分精度が悪くなります。お口の中を状態をほぼ100%再現できていなければ審美歯科の成功はできないと考えています。

仮完成をするこだわり

審美歯科の型取りにより正確にお口の状態を再現できても、ほんのわずかですが誤差が生じることがあります。その誤差の範囲も当院では認めることはできません。

その誤差を調整するためには、⼀度きれいに仕上げた製作物を削ることになってしまいます。細かな傷がついたままの製作物が、お⼝の中に⼊るということになりかねません。

当院の審美歯科の「メタルボンド冠」と呼ばれるセラミックのかぶせ物を製作する際は最終完成前に、9割⽅を仮完成させて、⼀度直接お⼝の中で、⾊調の確認、適合性の確認、⻭⾁ラインの調和の確認、かみ合わせの微調整などを⾏います。その後、セラミックを焼き、つや出しして完成に⾄ります。

仮完成で調整が済んだ、最終の「メタルボンド冠」はお口の中に入るときは調整する必要がなく、きれいな仕上がりのままお⼝に装着することができます。

 

当院が行っている審美歯科(かぶせ物)

オールセラミック

特徴
質感や透明感が良く、天然の⻭と⾒分けがつかないほどの仕上がりが可能
当院では、前歯等のお口を開けたら見えるところに主に使用しています。 

メリット
天然の⻭と⾒分けがつかない
・色の変化がほとんどない
汚れが付着しにくい
⻭⾁との馴染みが良いため、⻭の寿命の向上につながる

デメリット
・保険適応外

 

メタルボンド冠

特徴
中⾝は⾦属で、外から⾒える部分にセラミックを貼り付けたかぶせ物。
金属を使用しているため割れにくく、強度と耐久性に優れています。
当院では奥⻭やブリッジなどの力の負担がかかるところに使用しています。

メリット
・見た目がきれい
・色の変化がほとんどない
・強度、耐久性が高い

デメリット
・保険適応外
金属の影響で歯肉が黒ずむことがある

 

硬質レジン前装冠

特徴
中身は金属で、外から見える部分にのみレジン(プラスチック)が貼り付けられているかぶせ物です。
保険適応の前歯のかぶせ物です。

メリット
・見た目は銀色ではない
・保険適応

デメリット
汚れがつきやすい
黄ばみがかった色に変色する
・正確な歯の色は再現できない
プラスチックがはがれてしまうことがある

 

銀歯

特徴
保険適応で奥歯のかぶせ物として使用されます。

メリット
・保険適応
・強度が高いので奥歯やブリッジに使用できる

デメリット
・見た目が良くない
金属が錆びて溶け出す
歯や歯ぐきの変色を起こす
・硬さが硬すぎる

当院の審美歯科に対する考え

当院で審美歯科治療を行い、美しい口元を手に入れ、「笑顔に自信が持てようになった」という、大変うれしく、ありがたい、お言葉をいただくことがあります。

当院で行う、審美歯科治療は製作物にも自信を持っていますし、しっかりと責任を持って行っています。

しかし、審美歯科治療は自費治療になります。「治療費が心配」とお考えになる方も多くいらっしゃると思います。当院は保険治療を中心とした診療を行っていますので、無理に自費治療をすすめるようなことはいたしません。

また、天然歯を見た目の改善の目的のためだけに削るようなご希望は当院ではお断りしています。

患者さんがご希望し、当院でも保険治療より審美歯科治療の方がメリットが大きいと判断した場合に審美歯科治療を行います。

あなたにとって最善の方法を一緒に考えて行きたいと思います。