入れ歯の治療

ご⾃分の⼤切な⻭を失った時に、⻭を作る⽅法の⼀つに「⼊れ⻭」があります。

最近ではインプラント治療を選択する⽅もいますが、安全⾯などを考えると、まだまだ⼊れ⻭の役割は⼤きいです。⼊れ⻭を使⽤することで咬む機能を回復し、全⾝の健康にもつながることはよく知られています。

私は細かい作業が好きなこともあり、⼊れ⻭の製作には特にこだわりを持って治療に臨んでいます。

当院では保険治療を中心とした診療を行っていますが、⼊れ⻭の治療に関しては保険治療と⾃費治療の違いが⼤きく可能であれば⾃費治療を選択肢の⼀つとして考慮していただければと思っています。

⾃費治療には以下のような保険治療では得ることができない利点があります。

  • 精密適合性の良い製作ができる
  • 入れ歯が入っているとは分からない見た目の良い製作ができる
  • 丈夫で割れにくい材質が使用でき、結果として⻑持ちする
  • 保険では使用できない治療方法、材料を使用できる
  • 技術の高い歯科技工士により製作できる

 

自費治療の入れ歯の種類

 icon-circle 金属床義歯

  • 適合性が良い
  • 腐食による変色がない
  • 口の中の違和感が少ない
  • 保険の⼊れ⻭の1/3の薄さ
  • 熱が伝わりやすい
  • 耐久性があり、長期間使用が可能
  • 装着感が良い

 

 icon-circle ノンクラスプデンチャー(金属バネのない入れ歯)

  • 金属のバネがない
  • 見た目には入れ歯をつけているとは気付かれない
  • 薄い
  • 割れにくい
  • 装着感に優れる
  • 保険の⼊れ⻭の 1/2 の重さ
  • 柔らかい素材で⻭全体をホールドするように⽌めるので、残っている⻭の負担を軽減できる  

 

icon-circle マグネットデンチャー(磁石の入れ歯)

  • 磁⼒で維持をさせる
  • ⻭根と⼊れ⻭に「磁⽯」を埋め込むことで、ピッタリ吸着する。
  • 抜くとあきらめていた⻭や⻭周病でグラグラした⻭、根だけの⻭にも使⽤できる。
  • ⼊れ⻭が落ちたり、⼝の中でガタガタ動くことがない。
  • シンプルな構造なので、簡単に装着・取り外しができる。