▼ 親知らず ▼

親知らずとは、永久歯の中で最も後ろに位置する歯です。

親知らずは十分に歯ブラシが行き届くことが難しいため、不潔になりやすく、歯肉の炎症が大変起こしやすい歯です。炎症が強かったり、繰り返している場合は抜歯が適応になります。

逆に、特に何もなければ抜歯する必要はありません。

親知らずの抜歯は正常に生えている場合は比較的簡単に抜くことができますが、横に倒れて生えていたり、骨の中に埋まっている場合などはかなりの注意と手間が必要です。当院では患者さんの安全を考慮し、一定以上の注意が必要な場合は高度医療機関へご紹介いたします。

自己判断は思いがけない危険もありますので、まずは、当院へご相談ください。

親知らずを抜いた方が良い場合

虫歯が大きい

痛みや腫れが強い、または繰り返している

親知らず以外の歯に悪影響を及ぼしている

www