ホワイトニング

ホワイトニングとは、加齢や⽣活習慣などにより、⻭の表⾯に付着した⾊素などを分解して⻭を明るくし、⻭を⽩くする技術です。

以前の治療では、⻭を削ってかぶせることでしか⻭を⽩くできなかったのですが、技術、薬剤などの進歩により、⻭を削ることなく、ご⾃分の⻭を⽩くすることが可能です。

ちなみに⻭のクリーニングとは異なります。

⻭のクリーニングは、⾍⻭や⻭周病等の原因となる⻭⽯や⻭垢を取り除くことで、⼝の中の衛⽣状態を改善するという⽬的で⾏われます。歯石や歯垢を除去しても歯の色調の変化はほぼありません。

これに対してホワイトニングは、⻭の色合いに関係する色素を分解して⾊調の改善を⽬的とします。

ホワイトニングの⽅法として「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」という2つの⽅法がありますが、当院では、より安全性が⾼く、⻭の負担がより少ない「ホームホワイトニング」のみを⾏っています。

当院のホワイトニングは強い光で数分間で急激に変化させるようなものではなく、できるだけ歯に負担を与えないように徐々に歯を白く、明るくするようなホワイトニングを行っています。

「今よりも少し歯を明るくしたい!」
とお考えの方には最適な治療法だと思います。

 

 ホワイトニングの流れ

①口の中の全体の検査

虫歯や歯周病等の問題が無いかを検査します。
ホワイトニングを問題なく行える状態かを診断します。
差し歯神経の治療をした歯がある方、先天的に歯の質が弱い方の場合などは注意が必要です。

 icon-arrow-down 

②お口全体のクリーニング

歯の表面に付着する着色や歯石は、薬液の浸透を妨げます。専用の機械を使ってクリーニングをおこない、薬液が浸透しやすい状態にします。

 

 icon-arrow-down   

③歯型を取る

マウスピースを製作するための歯型を取ります。

 

 

 icon-arrow-down (翌日以降)

④マウスピースと薬剤をお渡し

マウスピースホワイトニング用の薬剤をお渡しします。
使用方法、注意事項などを説明します。

 icon-arrow-down (ご自宅にて)

⑤ホワイトニング開始

マウスピースに薬剤を適正量注入します。

 

 

 icon-arrow-down 

⑥マウスピースの装着

1日2時間、2週間装着します。

 

 

 

ホワイトニングの注意事項

  • ホワイトニングの効果には個人差があります。
  • ホワイトニング前は口腔内の診査を行う必要があります。虫歯や歯周病その他の理由でホワイトニングが出来ない場合があります。
  • ホワイトニングは歯の表面から薬剤を作用させるので、歯の汚れの状態により効果に影響を及ぼします。処置前には歯のクリーニングを行います。
  • ホワイトニング開始初期段階で歯がしみるという場合があります。
    ホワイトニングの薬剤が、歯の象牙質やエナメル質の細かい隙間などに浸透することによるものです。多くは一過性のものですが、過敏な反応が起きたときは一旦中止します。